こえのおと

一歩進んだ声優の情報ブログ

水樹奈々はなぜ声優界の圧倒的トップに立てたのか?

水樹奈々と言えば女性声優界、いや声優界全体の頂点に君臨する声優である。声優人気の指標というのは様々なものがあるが、水樹奈々の快挙を羅列すれば、

  1. 声優として初のオリコンアルバムチャート週間1位を獲得(アルバム『ULTIMATE DIAMOND』)
  2. 声優個人として初にして唯一の紅白初出場(第60回紅白歌合戦から6年連続)
  3. 声優として初のオリコンシングルチャート週間1位を獲得(シングル「PHANTOM MINDS」)
  4. 声優としては初の東京ドームでコンサートを開催(2011年)
  5. シングルCD累計売上10万枚突破(『BRIGHT STREAM』102,924枚)
  6. アルバムCD売上13万枚突破(『ROCKBOUND NEIGHBORS』 139,004枚)
  7. 第55回日本レコード大賞企画賞をT.M.Revolutionとともに受賞

などがある。細かいものを含めればここに書ききれない。
前人未到の記録を様々打ち立ててきた水樹奈々だが、かぜ彼女はここまで売れたのだろうか。今回はそれを考察していこうと思う。

水樹奈々はなぜ売れたのか

まず彼女を語る上で一番重要なのは歌唱力であろう。

幼少の頃から「のど自慢荒らし」という異名を持っており、東京の芸能事務所にスカウトされ、事務所所属と同時に堀越高校に進学、その後代々木アニメーション学院の声優タレント科にも並行して通った。高校での同級生がKinKi Kids堂本剛というのは有名な話である。

事務所が倒産し、移籍することになったがその事務所社長からセクハラを受ける。この内容の詳細は自叙伝「深愛」に詳しく書かれている。

深愛 (しんあい) (幻冬舎文庫)

深愛 (しんあい) (幻冬舎文庫)

以上の経歴や演歌歌手を目指していたという事実からあるように、歌唱力は他の声優よりもずば抜けているのは確かだ。声量や表現力は超声優級で、心にグッとくる曲を歌ってくれる。それは彼女の素質もさることながら、今までの人生経験も表れているのだろう。

一方で、声優としての実績も際立っている。一番有名な役は『魔法少女リリカルなのは』のフェイト・テスタロッサ役だろう。その他にも『しゅごキャラ!』のほしな歌唄役、『戦姫絶唱シンフォギア』の風鳴翼役など枚挙に暇がない。

とはいえ演技力が他の声優よりも上手いかと言えば、そうは思わない。むしろ他の声優よりも上手くないと思う。例えば同世代の堀江由衣田村ゆかりの方が上手いと思う。ただ私は声優に演技力なんかまったく必要ない派なので、別にそれで人気があるのはおかしいというつもりはない。

ではアーティストの方に戻るが、他の声優よりも歌唱力はある。しかしプロの歌手から比べてどうかと言われると、やはり少し格は落ちると思う。歌唱力がそこまで上手くないということと心にグッとくるということは両立することは強く言っておきたい。
しかし歌唱力が上手いから演技が上手いからが即声優として飛び抜けた業績を残している理由ではないと考えられる。

私が思う彼女の人気の秘密の一つは彼女の性格の良さ、人当たりの良さだ。彼女はアーティスト活動、声優活動、ナレーションと想像を絶するような多忙の日々を送っているにもかかわらず、ファン向けのブログはほぼ毎日更新している。このファンファーストの姿勢はやはり応援したくなって当然だろう。
またテレビに出演しても、物怖じせず他の芸能人たちと対等に渡り合っている。度胸があるとも言えるが、彼女の親しげな雰囲気が喋りやすい空間を作るのだと思われる。きっとスタッフにも好かれていることだと推測できる。スタッフに好かれれば露出もどんどん増えていく。

また、彼女の出てきた時代性というのもあるかもしれない。オタクや声優ファンに対しての風当たりが強い中で、劣等感を感じていたオタクが、歌手にも劣らないような歌唱力を持った声優が出現したことで、自身の声優ファンという立場に肯定感に与えたのだ。
水樹奈々の活躍を声優ファン自身の社会的承認と同一視することで充足していったのである。したがって水樹奈々を応援することはそのまま自己実現に繋がる。

これは同時代に出てきた田村ゆかり堀江由衣との差別化でもある。この2人は、結局はアイドル路線になってしまい、応援するファンを社会的に虐げられる立場から脱出させることは出来なかった。

水樹奈々とはオタクの抑圧された感情を昇華するための触媒であったのかもしれない。

関連記事