こえのおと

一歩進んだ声優の情報ブログ

アニメ発のVTuberが盛り上がらない本当の理由 - おすすめアニメ発VTuberランキング

バーチャルYouTuber(以下VTuberとも)の数は日増しに増え続け、いまや万単位のVTuberがひしめき合っている。このブログでも注目して多く取り扱ってきた。代表的なのはこの記事で以前紹介している。

この記事で名前が出ているVTuberは、短い短いバーチャルYouTuber史の黎明期とも言えるような時代の寵児であり、彼女らの活躍でバーチャルYouTuber界は発展していった。今はブームに乗っかり、バーチャルYouTuber界の親分として知られるキズナアイは200万を超える登録者を誇るまでになっている(動画再生数は登録者数からするとかなり少ない)。

しかしながら、一方ではまったく人気のないVTuberも数多存在している。通常のYouTuberと同じように人気格差が発生するのは当然であるが、ある程度の人気は見込めるのではないかというアニメ作品発のバーチャルYouTuberにおいてもアニメが放送しているとは思えないほど人気のないものが存在する

アニメ発のバーチャルYouTuberが盛り上がらない理由

バーチャルYouTuber:アニメのキャラだとイマイチ盛り上がらないのはなぜか - MANTANWEB(まんたんウェブ)
こちらの記事の中でアニメ発のVTuberは純粋なVTuberと違い、支持を得にくい理由が語られている。しかしながら私はこの記事はあまり正鵠を射ていないのではないかと思う。

記事ではアニメ発のバーチャルYouTuberが流行らない理由は「配信動画がVTuberの王道に忠実でアニメと掛け離れすぎており動画視聴者がアニメを見ないこと」「アニメキャラのVTuberファンは受動的視聴であり、生え抜きのVTuberファンは能動的視聴」であることが理由として挙げられている。

この2つはないとは言わないが、前者の、動画視聴がアニメ視聴に繋がらないというのは動画視聴をされている前提になっている。そもそもアニメ発のVTuberは再生数とチャンネル登録者数は有名生え抜きVTuberよりも圧倒的に少なく、動画視聴自体をされていないことを棚に上げている。これでは盛り上がらないことの説明にはなっていない。

私は生え抜きのVTuberファンと今のアニメファンは全く違う存在だと推測している。VTuberがなぜここまで台頭してきたかというと、近年の声優の露出の急増で、2次元キャラクターにも声優の姿がちらつき、2次元キャラそのものとして見ることができなくなった人が、バーチャルYouTuberという新たな桃源郷へと移住してきたためではないかと考えている。

つまりVTuberが好きな層は純粋に2次元キャラクターが好きなのであり、アニメが好きな層は2次元と3次元を行き来できる人だと言える。VTuberは声優を明らかにしたり、中の人が前面に出てくることはまずない。バーチャルYouTuberの藤崎由愛は三上枝織さんという有名声優が声を当てているが、残念ながら人気がそこまで出ていないのも一つの根拠になるでしょうか。(まあ動画の質の問題とかそういうのが大きいとは思うが)

こういう視点で考えてみると、声優の顔がモロに見えるアニメ発信のVTuberVTuberファンには受け入れられない存在だろう。したがってアニメ発のVTuberを観ている層はやはりアニメオタクに限られ、声優のラジオの延長線上にあるものと解釈する方が実像に合っていると思う。

もう一つはこれは、先ほどの記事の後者の理由に関連するかもしれないが、バーチャルYouTuberのファンは商業的なものを嫌う傾向があると思っている。のじゃロリ狐娘YouTuberおじさんもコンビニバイトという属性が人気を押し上げたことは十分に考えられる。アニメ発のVTuberは商業主義の権化であり、やはり生え抜きのVTuberファンとは相容れない存在だろう。

注目のアニメ発バーチャルYouTuber

ここからはアニメ発のバーチャルYouTuberを紹介していこうと思う。タイトルにランキングと書いたが、Googleさんがランキング大好きなので書いただけで、タイプの違うものを十把一絡げに順位付けするのは嫌いなので、並列に書く。ゆとり教育ではみんなが一番である。ただ人気の面で言えば、緒言で書いたとおり、生え抜きVTuberには格差が発生しているが、アニメ発のVTuberの中においても顕著な格差が発生している。

邪神ちゃんねるV

2018夏放送の『邪神ちゃんドロップキック』発のバーチャルYouTuber。アニメの方も私が大好きなアニメの1つで毎週楽しみにしている。言葉選びのセンスが良く、パロディー、メタネタ、ナンセンスと多岐に渡るギャグが、ギャグアニメ激戦区の2018年夏において存在感を発揮している。

そのVTuberはアニメ内CMのブッコミで流れるモデルを流用したものである。まだ2本しか動画をアップしていないが、登録者は現時点で約7,000人。アニメのキャラ設定を踏襲しているが、声優の大森日雅鈴木愛奈素に近い掛け合いも軽妙で面白い。比較的勝ち組と思われるアニメ発のVTuber

音楽少女チャンネル

音楽少女』も2018夏放送のアニメ。こちらも私のお気に入りの作品。ラブライブアイマスなどの既存のアイドルアニメとは異なり、アイドルの裏側に焦点を当てた構成になっている。妙にリアルなところもあるが、虚構極まりないところもありそのアンバランスさがコメディータッチの作品に良く合っている。

音楽少女チャンネルはアニメのプロモーション目的のVTuberで、主人公の山田木はなこ(CV:深川芹亜)が出演している。しかし、その再生数、チャンネル登録者数はかなり悲惨である。再生数は1万どころか5,000を超えた動画すら現時点では存在せず、登録者も1,000人ギリギリ。収益化は行わないと思うのだが、現時点では収益化不可能と思われる。モデルがイマイチなのと作品の人気があまりに低すぎるのでこうなっているのだと思うが、いつの日か『音楽少女』がアイドルアニメ界の覇権とバーチャルYouTuber界の覇権を勝ち取ると信じたい(多分無理)。

ぱかチューブっ!

2018春アニメ『ウマ娘プリティーダービー』の販促用VTuber。こちらはゲームのリリースも予定されているのでそれも兼ねていると思われる。登場するのはゴルシちゃんことゴールドシップ(CV:上田瞳)。なぜスペシャルウィーク(CV:和氣あず未)じゃないのか不思議だが、多分声優のスケジュール上の都合とかそういうのもあるのだろう。

しかしゴルシちゃんを起用したのは大正解で、喋りに勢いがあって単純に面白い。最初にキズナアイの再生数が少ないってちょっと書きましたが、一人喋りって普通は面白くないですよ。R-1グランプリも全然面白くないですから。だからやっぱり勢いが大事。輝夜月も勢いあるもん。登録者数27,000人。

殺戮の天使公式チャンネル

2018夏アニメ『殺戮の天使』のVTuberキャシーことキャサリン・ワード。『殺戮の天使』は1話で見るのやめたんでキャシーが誰か知らないんですが、公式サイトなどで調べたところ「断罪人」を自称する女看守でCVは伊瀬茉莉也だそう。演技力は流石の一言。最初の動画から6分は長いが、最後まで観られます。ファンにも好評なようで、チャンネル登録者数は1日で4,000人、最初の動画も11,000再生されている。

ゆうとの部屋 Yuto‘s room

2018春アニメ『3D彼女 リアルガール』に出演した伊東悠人が勤めるVTuberチャンネル。CVは蒼井翔太。私は女性向けVTuberに疎くて、どう評価したら良いものか分からないのですが、とりあえず可愛い。キュンキュンさせる台詞を言ったりする動画が多く、アニメのファンはもちろん、蒼井翔太のファンも垂涎もののチャンネルではないだろうか。そして猫耳があざとい。チャンネル登録者数8,500人。

すーぱーそに子チャンネル

アニメ発のVTuberではないが、2013年秋に『そにアニ -SUPER SONICO THE ANIMATION-』というアニメが放送されていた。懐かしい。好きなアニメだったと思うが内容は忘れた。そのすーぱーそに子YouTubeに拠点を移して活動している。声優はKis-My-Ft2北山宏光の元彼女と噂される山本彩乃ではなく、もちろんすーぱーそに子。そに子には根強いファンがおり、海外からのファンも多い。最初の動画は20万再生を突破している。チャンネル登録者数は35,000。

Hacka Channel ハッカドール

元々はキュレーションアプリなのだが、アニメ化も2015冬に『ハッカドール THE あにめ〜しょん』という形でなされ、作画崩壊回などが話題になった。メインキャラクターが1号2号3号と3人いるのでVTuberも3人で、それぞれ高木美佑奥野香耶山下七海とWUGメンバーが演じている。(ちなみに4号は本人たっての希望で上田麗奈)元々アプリナビゲーターのバーチャルキャラクターだったのでVTuberとの親和性は高く、違和感はない。余談だが、奥野香耶さんはお姉さんキャラよりもハナヤマタのようなツンデレキャラの方が似合っていると思う。チャンネル登録者数は65,000人。

まとめ

アニメ発のVTuberはこれからも増えていくだろう。もっと言えばVTuber発のアニメも出てくるかもしれないし、アニメの放送前にVTuberを使うところも出てくるかもしれない。ただ私はいまだにVTuberは一過性のブームにすぎないと思っている。というのも、やれることには限界があるし、一人喋りは大概つまらないからである。しかし輝夜月だけはレベルが違うなと思う。P丸様も面白いからね。