こえのおと

進みの遅い声優の情報ブログ

悠木碧さんの年収をドールを買うために夕食おかずを減らすことから推測する

人気女性声優の悠木碧さんがドールを買うために夕食のおかずを1年間我慢するという。今回はこの発言から悠木碧の年収を推測してみたいと思う。

※ 言うまでもないですが、この記事はネタ記事なので本気にしないでください。

悠木碧さんの食費を計算する

まずは悠木碧さんの食費を計算しよう。そのためにはドールの価格を調べないといけない。このドールはスクエニの『NieR: Automata』のドルフィードリーム「2B」および「9S」だろう。完全受注生産で値段は以下の通りである。

  • 2B(ヨルハ二号B型):88,000円(税別)
  • 9S(ヨルハ九号S型):78,000円(税別)

つまり消費税を含めて価格は179,280円となる。

この179,280円を1年分のおかずで賄う。おかずはいっぱい減らせないだろうから一品減らすと仮定する。すると悠木碧さんの夕食のおかず一品の価格の平均が割り出せる。365日で割ると悠木碧さんの夕食のおかず一品は491円となる。「おかず減らす」と言うからには一汁一菜ではないだろう。一汁一菜だったら味噌汁とご飯しかなく、それは夕食のおかずを減らすというレベルではない。もっと悲壮な表現がある。したがっておかずは3品はあるのではないかと推測できる。

すると悠木碧さんの夕食はおかずだけで1,473円となり、その他諸々を含めると平均1,600円程度ではないか。まさか夕食しか食べないということはないだろうから、1日の食費をその倍と仮定して3,200円とする。

これで悠木碧さんの食費が計算できる。悠木碧さんの食費は月間で97,333円になった

食費から年収を推測する

ここで食費から年収を推測するために総務省統計局のデータを使用する。悠木碧さんの家族形態がどうなっているのか定かではないが、世帯主年収別の食費データを参照する。年収には幅があり、その平均値として食費が計算されているので、正確なグラフは書けないが、階級における年収の最大値とその食費をプロットし、最小二乗法で対数関数によりフィッティングした関数を外挿すると次のグラフが得られる。

f:id:mochirixi:20181024143821j:plain
総務省統計局調べの年収と食費の関係の外挿
すると食費が97,333円となる時の年収は1,500万円前後となった。なんかそれっぽい値が出てしまって驚いている。しかし食費には外食などを含まない場合もあり、こちらで計算すると年収は約5,700万円となった。

まとめ

年収5,700万もあったら18万のドールなんかおかず一品我慢するまでもなく買えるだろうから、まあそれはないだろう(ただしこの発言が計算の場合を除く)。でも、そもそもこんなでかいフィギュア2体を鎮座まします場所が部屋にあるんだから、やっぱり声優はお金持ってんなあと思うばかりである。