こえのおと

一歩進んだ声優の情報ブログ

あやねるが服のブランドを特定して叩く連中に物申した件

ラジオにてこのようなやりとりがあったようだ。

 

佐倉綾音
「なんかさ、勝手に服のブランド特定して叩くネットの奴らとかよりは全然よくない?」
「アイドルとかさ。こいつこんな高いの着てるって叩く。」

大西沙織
「いいじゃん別に」

佐倉綾音
「いいじゃんね別に、本人が稼いだお金なんだから。叩く意味がわからない」
「それで悲しんでる子を何人か見た。
服を特定されちゃってそれがたまたま安い服だったんだけど
“こいつダセー”とか。高いの着てたら着てたで“こいつ高い”とか叩く」
「お前ら何なんだよ!!」

 

 

あやねるのおっしゃる通りである。どんな服を着ていても叩かれるのであれば文句を言いたくなる気持ちは十分に理解できる。

 

私は別に声優がどのような価格の服を着ていてもあまり気にならない。まったくあれこれ言わないわけではないが。声優がどんなブランドのどんな価格の服を着ているか特定できるのは、スキルとしては尊敬に値するレベルのものである。これを実現させているのは声優に対する悪意ではなく、愛なのではないか。そもそも興味のない相手の服になど注目するわけもない。

 

価格に対してあれこれ文句をつけているのは特定した人間以外ではないかと思う。ネットに声優が着ている服のブランドの情報が流れて、そこに有象無象のネット民が集まって叩くという流れが出来上がる。特に悪意があるというわけでもなく、率直な意見を言うと声優側からすると癇に障る発言になってしまうのだろうが、許して欲しい。

 

しかしながら声優は儲けているんだなと思わずにはいられないほどの高級な品を皆身につけている。どこぞのJackさんではないにしろあやねるも10万円ほどもするブーツを履いていた。はっきりいってうらやましい。物自体はべつに欲しくもないのだが、それを気兼ねなく買えるだけの財力が欲しい。でもあやねるが着用したものであればそのものが欲しいです。それは置いておいてそんなに儲けているのだからネット民の戯言など水に流してもらいたいものである。

 

この発言でまたあやねるはネット民の注目を集めることになるとは思うが、それも彼女の狙いではないだろうか。炎上商法というのか噛み付くキャラで売りたいのだろうなと感じる。歯に衣着せぬキャラであって特に媚びる態度を見せるわけでもないのが彼女のいいところなのだろう。実際このキャラクターで絶大な支持を得ている。写真集も飛ぶように売れた。

 

 

佐倉綾音ファースト写真集『さくらのおと~佐倉綾音フォトブック~』

佐倉綾音ファースト写真集『さくらのおと~佐倉綾音フォトブック~』

 

 

実は彼女を叩くネット民は間接的にはあやねるを支援しているも同然ではないだろうか。彼女の発言にネット民は一喜一憂し、ネットでそれがまた話題になり、彼女の知名度やファンが拡大していく。うまくコントロールされてあやねるの養分と化している我々のような声豚は幸せであるなと感じた。