えーでちゃん(本渡楓)はソンビランドサガで爆死声優という汚名を返上する(予定)

本渡楓さんはチャーミングな八重歯や屈託のない笑顔、独特のファッションセンス、そして可愛い声と巧みな演技で、わたしの大好きな声優の一人だが、どうもアニメに恵まれない。数は出ているもののヒットするアニメに出ていないのである。以前このブログでも本渡楓さんの爆死請負人という不名誉なあだ名は、真実を反映しているのか検証したが、否定し切れずに歯がゆい思いをしてしまった。

参考:爆死アニメ請負人というあだ名を検証する – アイム編(佐倉綾音、小澤亜李、本渡楓) – こえのおと

しかし、2018年10月。そんなえーでちゃんに期待の一本のアニメが登場する。それがゾンビランドサガである!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

えーでちゃんこれまでの軌跡


引用:ダヴィンチニュース

以前の記事でも書いたが、当時からさらに本渡さんの出演数が増えているので改めて、えーでちゃんの出演作を振り返るとともに売上を確認していこう。ただし前回は最高売上を記録した一巻の売上を記載していたが、今回は第1巻の売上を載せる。

アニメタイトル役名売上
かみさまみならい
ヒミツのここたま
四葉こころ482
不思議なソメラちゃん野乃本ククル
レガリア
The Three Sacred Stars
ユインシエル・
アステリア
395
競女!!!!!!!!青葉風音715
ガーリッシュナンバー久我山八重1,008
うらら迷路帖巽紺885
亜人ちゃんは語りたい小鳥遊ひかり2,994
バトルガール
ハイスクール
煌上花音1,158
アニメガタリズ阿佐ヶ谷未乃愛
刀使ノ巫女衛藤可奈美832
こみっくがーるず恋塚小夢1,744
ヒナまつり三嶋瞳1,024
ちおちゃんの通学路細川雪235

3,000枚以上売れているアニメがなく、お世辞にも人気アニメに出ているねと言えない状況なのだが、今期は違う。『寄宿学校のジュリエット』歩米良仁愛役、『RErideD-刻越えのデリダ-』マユカ役、『色づく世界の明日から』月白琥珀役はまあ置いとくにしても、『ゾンビランドサガ』の源さくら役は覇権を狙えるアニメの1つだと思う。

ゾンビランドサガについて


©︎ゾンビランドサガ製作委員会

ゾンビランドサガは、ゾンビになってしまった7人の少女が佐賀を救うためにご当地アイドルになるというコメディーアニメである。が、ただのコメディーではなく少女の成長を描いた青春アイドルストーリーでもある。

プロデューサー役の宮野真守を始めとして実力派の人気のある声優が揃っているが、その主演が我がえーでちゃん!ただ主演の椅子に踏ん反り返っているわけではなく、1話ではシャウト、2話ではラップを披露したりと、えーでちゃんの声優としての技量、魅力がたっぷり詰まったアニメなのだ。特に2話のラップは、えーでちゃんのフロウがかっこよくてバイブス上がってくる傑作回に仕上がっている。

アニメの世間の評価も高く、Twitterでも何度もトレンド入りしている。『ゾンビランドサガ』は佐賀だけなくえーでちゃんを救う作品になるだろう。みんなで『ゾンビランドサガ』を買って応援しよう。

と煽ってみたものの、正直に言えば、あんまり売れるとも思っていない。まあもう売上がどうとかは時代遅れなんで気にするのもどうかと思うのだが。ただ『ゾンビランドサガ』にはCygamesが絡んでいて、ひょっとしたらグラブルのシリアルコードを同封するというドーピングに出る可能性もある。覇権を狙えると言ったのはそういう意味もある。

追記:『ゾンビランドサガ』は見事2万枚以上を売上げ、覇権アニメになりました!8話以降の盛り上がりが良かったですね。えーでちゃんおめでとう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
本渡楓
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こえのおと

コメント

タイトルとURLをコピーしました