雨宮天さん「アイドルと言われるのがすごい嫌だった」の発言について思うこと

TrySailの麻倉ももさん、雨宮天さん、夏川椎菜さんの3人が週替わりでソロの冠番組を担当する文化放送のラジオ番組『MOMO・SORA・SHIINA Talking Box』において『雨宮天のRadio 青天井』の2018年11月25日放送で、雨宮天さんが「アイドルと言われるのがすごい嫌だった」と語った。

私ちょっと前までアイドルって言われるのががすごい嫌でしたね。今なんかアイドル声優っていう言葉があるけど、あんまりそういう言葉を言われるのが好きじゃなくて、なんかアイドルって偶像っていう日本語ですし、誰かの理想をかなえなくちゃいけない?誰かの理想をかなえることを仕事にしてる人みたいなそういうイメージがあったから、いや他人の理想なんて知らんし、みたいな。私は私の理想を叶えるために精一杯だからほっといてくれみたいな、そういう気持ちになるからアイドルって言われたくなくて。自分からかわいいことする気もないし、かっこいいって言われたかったから、アイドルって言われたくなかったんですけど、まあでも今は、まあそれぞれの価値観だから、私が嫌って言ってやめてくれるなら、その人はまあいい人だなって思うけどそれでも言うなら、別にそこまでね、他人の価値観に干渉する気はないから、勝手にしてくれみたいな気持ちになって、私だいぶ大人になったなと思います。
ー 『雨宮天のRadio 青天井』より書き起こし

雨宮さんの矢継ぎ早な話し方を表現するために改行なしにしてみた。読みにくくてすみません。直截的な表現でこのことを表明したのは私が知っている限りでは初めてかもしれないが、以前からアイドル扱いが嫌いなんだろうなと思うことはしばしばあった。ラジオやイベントはもうどの回だったか忘れて書き起こしができないので、ブログから引用する。

少しおかしなことを言うかもしれませんが、私は志保さんの代わりに、志保さんとして、志保さんと一緒にステージに立っているつもりです。
だから応援の仕方は、プロデューサーの皆さんにお任せします。
志保さんのことを心から思い、志保さんのステージの成功を一番に考え届けてくれる応援に、間違いは無いと思うのです。
今まで私が余計なことを言って混乱を招いてしまったこともあるかもしれません。
私個人の好みはあれど、それは私が私のステージでお願いすればいいのであって、志保さんのステージはいつも志保さんを支えてくれる皆さんにお任せしたいと今は思っています。
引用:天模様

北沢志保(アイドルマスターミリオンライブ)というアイドルとしてのキャラクターと雨宮天という自分自身を明確に線引きしているような印象を受ける。また、ファッションもパンツルックのことが多いし、「可愛い」よりも「かっこいい」を意識しているんだなと思うことがよくある。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雨宮天はアイドル声優か?


引用:ミュージックレイン公式サイト

この内容は色んなまとめサイトにアップされていた(というかそれを見てこれが話題になるのかと思って記事を書いたのだ)が、そこでの意見はアイドル声優だろという意見がほとんどだったし、顔で売れてるくせにと叩かれていた。

まあ本人は嫌がるかもしれないが、美人だし可愛いのは事実だし、私がTrySailを好きになったのも最初は雨宮天ってクソ美人だなと思ったからだった。ただトライセイルの活動は控えめに言ってアイドル以外の何物でもないかもしれないが、本人のソロ活動はそうでもないと思う。音楽活動では楽曲もアイドルらしい曲は少なく、ロックやジャズテイストの曲が多いし、アーティストと言っても過言でもないだろう。声優活動も『割と』硬派なアニメに多く出演している(まあ一番人気なのが『この素晴らしい世界に祝福を!』のアクア役なのが皮肉だが…)。

TrySailファンの私の友人はこのラジオを聴いて「平野綾みたいなこと言い始めたな」とぼやいていたが、私はこのブログで何度も言っているように、自分の言いたいことを主張できる声優さんは良いなと思う。元から好きだったが、もっと応援したくなった。彼女は聡明だから、こういうこと言うと批判されるということは分かっていただろうけど、それでも言いたいことを言う彼女の姿勢は、別に雨宮天さんの機嫌を取るためでなく純粋に「かっこいいな」と思う。

それで2019年1月16日に雨宮天さんの新シングル『Defiance』が発売される。Defianceの意味は反抗。現在の声優業界にDefianceする雨宮天さんはこれからも見逃せない(アフィ貼ろうと思ったけど流石にまだなかった)。


本文と全然関係ないんですが、先日お問い合わせに私のブログ読んで麻倉ももさんのファンになったという方がいらっしゃいました。こんなしょうもないブログなんかでありがとうございます。ぜひ雨宮天さんや夏川椎菜さんにも注目してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雨宮天
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こえのおと

コメント

  1. より:

    雨宮天さんのコメントをまとめサイトで知って、詳しく調べようと思ったらこのサイトが引っかかりました。今回の発言の経緯やこれまでの発言などをまとめられていて、それを踏まえた分かりやすい意見が書いてあってとても読みやすかったです

    僕も雨宮天さんのイメージは「アイドル声優」ですね。雨宮天さんについては詳しくありませんが、イメージとしては次の4つです

    ・アクアの声優
    ・TrySail
    ・顔が可愛い
    ・歌が上手い

    今回の件に対しての個人的な感想ですが、まあこういうことは言わない方が良い、極論言ってはいけないと思いますね。
    「理想を押し付けるな」という発言は結婚発言をしたNMBの須藤梨々香さんも言ってたので、ファンを持つ人ならば良くある悩みなのかもしれません。
    人生や生き方は個人の自由なので、お二方の意見は正論ですが、本人が言うべきことではないと思います。人気商売というのは能力や技術だけではなく容姿や性格なども求められ、それは「仕事」としての部分だけではなく「人格」としての部分を見られます。だから、声優という仕事をしてるときに人格について言われることがあり、そういうことを言うのは大きなお世話なんだろう思います。
    芸能人で例えてみます。役者や芸人なのに不倫や離婚で謝罪させられる人とかそうですね。極論を言えば演技や芸に関係ない事なのだから、雨宮天さんの意見から見ると謝罪する必要なんて無いと思います。
    しかし僕としては人気商売なのだから謝って当然だと思います。その人は役者や芸人とは言いつつ、結局は芸で仕事をしているのではなく、人気やイメージで仕事をしているのだけなんです。本当の芸ならその人がどんな人間でも芸を求められているだけなので仕事を続けられるはずです。
    歌手の槇原敬之さんを例にしてみます。彼は過去に覚醒剤で捕まっているにも関わらず、先日Mステに出演するなどしています。それは彼の人格ではなく、高い歌唱力や音楽センスが求められているからだと思います。つまり高い芸を持っていれば人格は関係ないというのが僕の考えです。
    話が逸れてしまいましたが、今回の雨宮天さんの発言、僕は言わない方が良いと思います。雨宮天さんの仕事はいわゆる人気商売だと思います。ファンの理想があるから仕事が出来ていると思います。雨宮天さんは声優のなかでは需要の高い方だと思いますが、それは声優にしては可愛いルックスとアクアの声優、アイドル売りのTrysailがあってことだと僕は感じます。
    「自分の理想を叶えるのに精一杯」「他人の理想なんて知らんし」というのは理解は出来ますが、そう言ったファンの理想の上で仕事をしている人が言わない方が良いと思います。
    雨宮天さん自身の理想はとても素晴らしい考えですが、現実として人気商売をしている方が言えることではないというのが僕の意見です
    僕は最近のアニメは見ておらず、雨宮天さんの演技についてはアクアのみ、アーティスト活動については全く知りません。なので人気商売という言葉に語弊であり、侮辱していると感じられたなら本当に申し訳ありません。

    長くなりましたが、今回のニュースを見た僕の考えです。今の声優の方はアイドルのような仕事を求められるので、いちの今回の雨宮天さんの発言にはとても考えさせられました。雨宮天さんにはぜひ自身の理想を実現出来るような声優、もしくはアーティストになって欲しいなと感じました。

タイトルとURLをコピーしました