雨宮天『Defiance』での売上低下は本当に「アイドルと言われるのが嫌」発言が原因か?

雨宮天の新シングル『Defiance』の売上がほぼ確定した。初動販売枚数は7,981枚で、累計枚数は8,952枚(2019年2月6日現在)だった。前作の『誓い』は初動が9,404枚で、累計が10,945枚だったので、確かに売上は初動で1,423枚、累計で2,023枚減少している。

巷では、このシングルCDの売上減少を過去の「アイドルと言われるのがすごい嫌だった」発言が理由とか、スッキリしたのが原因だとか言われている。本当にCD売上減少はそれが原因なのかを考察する。

参考:雨宮天さん「アイドルと言われるのがすごい嫌だった」の発言について思うこと – こえのおと

スポンサーリンク
スポンサーリンク

雨宮天シングルCD売上推移

雨宮天のシングルCDの売上推移を見てみる。

発売日タイトル初週売上累計売上前作比
14/8/13Skyreach8,48213,968
14/11/19月灯り6,1418,089-42.1%
15/9/9Velvet Rays5,4516,713-17.0%
17/7/26irodori14,18715,472+130.0%
17/12/13Eternal10,22011,622-24.9%
18/5/9誓い9,40410,945-5.8%
19/1/16Defiance7,9818,952-18.2%
f:id:mochirixi:20190208231143p:plain
雨宮天のシングルCD売上推移

今までの最高売上は『irodori』であり、そこから徐々に減少している。そして『Eternal』から『誓い』の減少率よりも『誓い』から『Defiance』の減少率は大きい。しかしながら、谷山紀章とのスッキリ騒動が原因というのは否定できるだろう。なぜならスッキリ騒動があったのは2014年11月だが、その後に発売された『irodori』が最高売上を達成しているからだ。

そもそも谷山紀章と一緒にいたのが本当に雨宮天なのか、あの例の画像ではよくわからないし、谷山紀章が「スッキリ 雨宮天」とTwitterで呟いたのも『スッキリ』と『ZIP』を勘違いした挙句に、検索窓とツイート欄を勘違いしたものと推測できる。

『irodori』が最高売上を達成したのには理由がいくつかある。まず雨宮天さんの好きな昭和歌謡感を出した楽曲のエモさ。そして約2年ぶりのシングルだったこと。TrySailの他メンバーである麻倉ももさんや夏川椎菜さんの売上が1万枚を超え、雨宮天さんも応援する機運が高まっていたこと。そして最後に10名限定特典が付いたことが挙げられる。

A賞 雨宮天 イベント前御挨拶 参加権 10名様
B賞 「irodori」撮影メイキング映像視聴権 100名様
C賞 雨宮天直筆プリントメッセージ入りポートレート 400名様
D賞 応募者全員プレゼント「スペシャルフォトデータ」

これにより複数買いするファンが増加したものと考えられる。

なぜ『Defiance』は売上低下したか?

そしてこの特典という存在は『Defiance』が売上低下した理由の一つでもあると思う。『Defiance』のCD購入者キャンペーンは

【A賞】
雨宮天直筆「御手紙」 20名様

ご応募の際に200文字以内で雨宮天への応援メッセージを頂戴します。そのメッセージに「御返事」する形で、お一人お一人に雨宮天が直筆の御手紙を書かせていただきます。
【B賞】
リリース記念イベント ご招待 250名様

2019年3月10日(日)夕方 東京都内某所
【C賞】
プリントメッセージ入りポートレート 400名様

【D賞】
応募者全員プレゼント「スペシャルフォトデータ」

※応募が完了すると全員もらえます。

A賞は20名になっているが、手紙となっている。しかも応募時に200文字以内の応援メッセージを書かないといけないから複数応募するハードルが高い。また内容重視で選ばれる可能性もあり、複数応募する意味があまりない。CDを積む人が少なくなったので売上が減少したのではないか。

アイドルではなくアーティストとしての雨宮天

この手紙という特典には、彼女のソロ活動に対する姿勢が表れていると思う。大抵この枠は接触イベントになるが、それを外してきた。これは彼女のアイドル声優ではないという宣言ではないだろうか。私は言いたい。「アイドルと言われるのが嫌」と発言したから売上が減少したのではなく、アイドルじゃないから売上が伸びないのだ

そもそものご時世、シングルCDが売れるのはアイドルだけだ。オリコンの2018年シングル売上ランキングを見ると一目瞭然だ。TOP50にアイドルじゃないのは米津玄師と星野源の3枚くらいなもんで、あとはAKBやら坂道やらジャニーズやら韓流アイドルである。

雨宮天さんのアルバムCDの売上はとても安定している。

発売日タイトル初週売上累計売上
16/9/7Various BLUE10,22212,534
18/7/11The Only BLUE10,91512,611

そしてシングル売上よりもアルバム売上が多いのは、完全にアイドルではなくアーティストの証拠ではないだろうか*1

まとめ

まあ、だからといって、CDが売れないでいいとは思わない。もっと売れてほしい。興が冷めるような本音を言えば、特典が微妙だから売れないんじゃないかという気もしているが、実際私は特典自体にはあんまり興味がない(もちろん会いたいし手紙も欲しいが、積もうとは思わない)ので、その意見は書かないでおいた。

雨宮天さんが好きだから、彼女を擁護したくて、特に後先考えず記事を書き始めたが、これで本当に擁護になっているのか不安しかない。逆に邪魔になってたらごめんなさい。

Defiance(初回生産限定盤)(DVD付)

Defiance(初回生産限定盤)(DVD付)

*1:ただしアルバムにも同様の特典が付いている

スポンサーリンク
スポンサーリンク
雨宮天
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こえのおと

コメント

タイトルとURLをコピーしました