2020冬アニメに出演する注目の新人女性声優

2020年の冬アニメが既に始まっているが、今シーズンも多くの新人・若手声優が出演している。今回は女性声優が多かったので、女性声優にだけ絞って注目の新人声優を紹介する。なお画像は公式サイトより引用している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

松岡美里(まつおか みさと)

3月23日生まれ。兵庫県出身。アイムエンタープライズ所属。アニメ初出演にして『映像研には手を出すな!』の水崎ツバメ役に抜擢された。既に1話が放映済だが、アニメ初出演とは思えない堂々とした演技だった。ちなみに『映像研』浅草みどり役の伊藤沙莉は女優で、こちらも声優初挑戦。ハスキーボイスが特徴的。
公式サイト

佐藤未奈子(さとう みなこ)

12月30日生まれ。『地縛少年花子くん』の赤根葵役で、アニメ初出演ということまでは分かるのだが、調べても事務所すら全く情報が出てこない謎の声優。宣材写真はアニメイトタイムズから引用している。まさかフリーではないと思うが。

依田菜津(よりた なつ)

2月13日生まれ。三重県出身。アーツビジョン所属。『ヒーリングっど❤︎プリキュア』でキュアフォンテーヌ役を演じる2020年冬アニメ最注目の女性声優。本渡楓と養成所時代にクラスメイトで、えーでちゃんも尊敬していると語っている。
公式サイト / Twitter

野口瑠璃子(のぐち るりこ)

1995年7月6日生まれの24歳。福岡県出身。アーツビジョン所属。『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』のサリー役を演じる。2020年春にはきららアニメ『球詠』で中村希役を演じることも決定している。SHOW BY ROCKのファンにはすでにお馴染みだろう。
公式サイト / Twitter

夏吉ゆうこ(なつよし ゆうこ)

5月1日生まれ。大阪府出身。賢プロダクション所属。『SHOW BY ROCK ましゅまいれっしゅ!!』のマシマヒメコ役に出演する。2018年デビューだが、今年は既に『ギャルと恐竜』『アサルトリリィ BOUQUET』『異常生物見聞録』にも出演が決定していて飛躍の年になりそう。特に『アサルトリリィ』はかなり大きいプロジェクトなので注目。
公式サイト / Twitter

山根綺(やまね あや)

1997年2月4日生まれの22歳。神奈川県出身。青二プロダクション所属。富田美憂などが所属するKleisisのメンバーでもある。中国人と日本人のハーフで、実写映画にも出演経験がある。小学生時代はイジメにあっていて、アニメの世界が唯一の逃げ場だったという。『SHOW BY ROCK』でルフユ役を演じる。
公式サイト / Twitter

高杉薫(たかすぎ かおる)

10月22日生まれ。徳島県出身。スチール・ウッド・ガーデン所属。聞き慣れない事務所だが、2013年に設立された新興事務所である。たつき監督の新作アニメ『へんたつ』の鬼役を演じる。余談だが、猫役の門脇舞以も同事務所と業務提携しているので、たぶん事務所キャスティングだろう。元青二プロダクション所属で、当時は原田薫という名前で活動していた。
公式サイト / Twitter

ChamJam

『推しが武道館行ってくれたら死ぬ』に登場するアイドルユニット。ヴィムス所属の榎吉麻弥(えのよし まや)、ゆーりんプロ所属の 伊藤麻菜美(いとう まなみ)、プロフィット準所属の長谷川育美(はせがわ いくみ)あたりは新人声優の範疇に入るだろうか。その他のメンバーに本渡楓や石原夏織、和多田美咲、立花日菜など人気声優が脇を固めている。ちなみに主人公はファイルーズあい。
伊藤麻菜美Twitter

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2020冬アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こえのおと

コメント

タイトルとURLをコピーしました