ウマ娘の声優に関する考察 アイマスとの兼任率と声優事務所戦略

『ウマ娘 プリティーダービー』が大ヒットを飛ばしている。アニメの円盤もゲーム効果もあって、深夜アニメでは16万枚を売り上げ、歴代最高を記録した。

先日はNHKの音楽番組「シブヤノオト」で「うまぴょい伝説」を披露するなど、テレビ進出も果たし、活動に広がりも出てきている。紅白出場は個人的には難しいと思っているが、もしかしたらあるかもしれない。

このブログは声優ブログなので、ウマ娘出演声優に着目して、その傾向や法則性なんかを考察していきたい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ウマ娘声優の事務所傾向

実在の馬を元ネタにしたウマ娘は、2021年7月22日現在、71人存在する。その中にはハッピーミークや秋川やよいなどは含めていない(駿川たづなに関しては実在の馬が元ネタではという噂があるが、ここでは除外している)。そのウマ娘に起用されたと思われる時点で所属していた事務所を調べてカウントした。

青二プロダクション11
ヴィムス6
俳協6
プロ・フィット6
アーツビジョン5
アイムエンタープライズ5
81プロデュース3
ホリプロ3
AIR AGENCY2
IAMエージェンシー2
アトミックモンキー2
ケンユウオフィス2
スペースクラフト2
ソニー・ミュージックアーティスツ2
2
マウスプロモーション2

すると、青二プロダクション所属声優が11人と最も多いことが分かった。以下、ヴィムス、俳協、プロ・フィットが6人、アーツビジョン、アイムエンタープライズが5人と続く。いずれも大手事務所なので明らかな偏りがあるとも言えず、かなりバランスの良い事務所構成になっていると思う。響やSMAなどの自社コンテンツを持っている事務所の声優も起用しているのも、高い中立性をうかがわせる。

上記表に記載されていないのは、EARLY WING、e-stone music、FIRST WIND production、アミューズ、クレアボイス、クレイジーボックス、スターダスト、ステイラック、スワロウ、ダンデライオンで、いずれも1人である。

アイマス(デレマス)、ラブライブとの兼任率

ウマ娘はアイドルマスターシンデレラガールズ(デレマス)との声優との兼任が多いとよく言われる。ただ見た限り、デレマスだけでなく、アイドルマスターミリオンライブ(ミリマス)やラブライブとの重複も多く見られると思う。そこで、ウマ娘声優それぞれに対して、アイマス、ラブライブの出演がある声優を抽出してみる。

ウマ娘声優デレマス
アグネスタキオン上坂すみれアナスタシア
アグネスデジタル鈴木みのり藤原肇
イクノディクタス田澤茉純浜口あやめ
ウオッカ大橋彩香島村卯月
エアグルーヴ青木瑠璃子多田李衣菜
エアシャカール津田美波小日向美穂
カワカミプリンセス高橋花林森久保乃々
サトノダイヤモンド立花日菜久川凪
シーキングザパール福原綾香渋谷凛
シンコウウインディ高田憂希依田芳乃
スペシャルウィーク和氣あず未片桐早苗
ゼンノロブロイ照井春佳櫻井桃華
タイキシャトル大坪由佳三村かな子
タマモクロス大空直美緒方智絵里
ツインターボ花井美春村上巴
トーセンジョーダン鈴木絵理堀裕子
ナカヤマフェスタ下地紫野中野有香
バンブーメモリー藍原ことみ一ノ瀬志希
ヒシアケボノ松嵜麗諸星きらり
フジキセキ松井恵理子神谷奈緒
マーベラスサンデー三宅麻理恵安部菜々
マチカネフクキタル新田ひより道明寺歌鈴
メジロアルダン会沢紗弥関裕美
メジロパーマーのぐちゆり及川雫
ユキノビジン山本希望城ヶ崎莉嘉
ウマ娘声優ミリマス
ウイニングチケット渡部優衣横山奈緒
エルコンドルパサー高橋ミナミ馬場このみ
シンボリルドルフ田所あずさ最上静香
トウカイテイオーMachico伊吹翼
ナリタタイシン渡部恵子周防桃子
ビワハヤヒデ近藤唯篠宮可憐
ウマ娘声優シャニマス
ダイタクヘリオス山根綺緋田美琴
ウマ娘声優スタマス
ビコーペガサス田中あいみ奥空心白
ウマ娘声優ラブライブ
キタサンブラック矢野妃菜喜高咲侑
セイウンスカイ鬼頭明里近江彼方
テイエムオペラオー徳井青空矢澤にこ
ナイスネイチャ前田佳織里桜坂しずく

ウマ娘に出演しており、デレマスにも出演している声優は25人となった。これはウマ娘声優全体の35%になる。ミリマスは6人、シャニマス(シャイニーカラーズ)は1人、スタマス(スターリットシーズン)も1人、ウマ娘にも出演している声優がいる。デレマスはそもそもアイドルの数が多いので兼任率が高くなることは当然なのだが、ミリマスの6人も結構多い。ミリマスは765メンバーを除いて41人の声優がいるので、15%がウマ娘にも出演していることになる(デレマスは27%)。

また、ウマ娘のBNW(ビワハヤヒデ、ナリタタイシン、ウイニングチケット)は結束の強い3人だが、それがすべてミリマスの声優が担当しているというのも興味深い(近藤唯、渡部恵子、渡部優衣)。意図的なものを感じてしまう。デレマスの兼任率の高さは、デレマスの開発がCygamesだというのも関係している可能性はある。また、ウマ娘の初期のプロデューサーは、かつてアイドルマスターのディレクターだった石原章弘だったというもの関係あるかもしれない。基本的に、声質や人柄などを知っている声優のほうが起用しやすい。

では、これは不自然なほど高いのかを考える。『ウマ娘 プリティーダービー』と同時期にサービス開始し、早々にサービス終了してしまった『サクラ革命』というゲームがあるが、実は『サクラ革命』のデレマスとの兼任率は27%(13/47)である。ウマ娘の35%と比較すると小さいが、ウマ娘が突出して多いかと言われると少し疑問ではある。期待の新人声優や人気の若手声優を多く起用すると、デレマスとの兼任率がどうしても高くなってしまうのはあるかもしれない。

一方で、ラブライブ声優は4人がウマ娘声優を兼任している。徳井青空を除く3人は虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会のメンバーで、「虹ヶ咲」はやはり人気声優を多く起用しており、新人声優が多い他のラブライブグループとは少し毛色が異なる。虹ヶ咲のウマ娘兼任率は30%となり、デレマスよりも高い。

アイマスとラブライブを含めた兼任率は52%(37/71)で、ウマ娘の全声優の半分以上がアイマスまたはラブライブに携わっていることが分かる。ちなみにサクラ革命のアイマスまたはラブライブとの兼任率は38%なので、これは有意に高いと言ってもよさそうだ。

温泉むすめとの重複率

デレマスとの被りはすでに言及されているので、割と有名だが、他にも重複率の高そうなコンテンツを探していたら1つ見つけた。それは「温泉むすめ」で、私が勝手に「新人女性声優の登竜門的コンテンツ」と呼んでいる。温泉むすめに起用された声優はその後売れる確率が高い。ウマ娘と温泉むすめを兼任している声優を列挙する。

ウマ娘声優温泉むすめ
タマモクロス大空直美あしずり星
タイキシャトル大坪由佳いわきあろは
トーセンジョーダン鈴木絵理伊東椿月
マチカネタンホイザ遠野ひかる温泉津佐間
キングヘイロー佐伯伊織下呂美月
メジロマックイーン大西沙織河口湖多佳美
ナイスネイチャ前田佳織里強羅かんな
イクノディクタス田澤茉純玉造彗
ダイタクヘリオス山根綺三朝歌蓮
バンブーメモリー藍原ことみ山中そらら
メジロパーマーのぐちゆり酸ヶ湯紗雪
カワカミプリンセス高橋花林秋保那菜子
サイレンススズカ高野麻里佳松江しんじ湖しじみ
マンハッタンカフェ小倉唯水上凛心
メイショウドトウ和多田美咲奏・バーデン・由布院
シンコウウインディ高田憂希草津結衣奈
メジロアルダン会沢紗弥鳥羽亜矢海
サクラチヨノオー野口瑠璃子湯の川聖羅
スマートファルコン大和田仁美湯河原伊露羽
フジキセキ松井恵理子南知多まゆの
テイエムオペラオー徳井青空南房総日由美
マチカネフクキタル新田ひより白骨朋依
エアシャカール津田美波磐梯熱海萩
キタサンブラック矢野妃菜喜平戸基恵
ゴールドシップ上田瞳嵐山紫雨

ウマ娘に出演しており、かつ温泉むすめに出演している声優はデレマスと同じく25人(ウマ娘全体の35%)となった。温泉むすめ自体がそこまでメジャーなコンテンツではないので、あまり目立たないが、これもかなり高い。ウマ娘のアプリが延期に延期を重ねて、コンテンツ自体が下火になっていたときを、ずっと「ぱかチューブ」で支え続けた上田瞳(ゴールドシップ)が温泉むすめにいるのも高評価だ。

温泉むすめとアイマス・ラブライブ、そしてウマ娘の3つに出ている声優は、田澤茉純、津田美波、高橋花林、矢野妃菜喜、高田憂希、大坪由佳、山根綺、大空直美、徳井青空、鈴木絵理、前田佳織里、藍原ことみ、松井恵理子、新田ひより、会沢紗弥、のぐちゆりの16人である。期待の新人声優や実績のある若手声優が多く見られる。3つの兼任する声優が多いのは、ライブやイベントがメインのコンテンツに起用されやすい声優がいるということを示唆していると考えられる。

兼任率から考える事務所戦略

アイマス、ラブライブ、そして温泉むすめのいずれにも出演していないが、ウマ娘に出演している声優は25人いる。その25人のうち、アイムエンタープライズ所属が4人(嶺内ともみ、篠原侑、杉浦しおり、巽悠衣子)、プロ・フィット所属が4人(高柳知葉、首藤志奈、長谷川育美、石見舞菜香)である。「事務所傾向」を参照すると、アイム所属は全部で5人、プロ・フィット所属が全部で6人だから、アイムとプロ・フィット所属の声優の大半がウマ娘のみの出演となる。

アイムやプロ・フィット所属の声優はアイマスの出演がないというわけではない。実際にアイマスにはアイム所属の女性声優が12人、プロ・フィット所属の女性声優が2人いる。なので、事務所によってはライブやイベントを主とするコンテンツに出る声優を集中させず、分散させているとも考えられる。

ちなみに、嶺内ともみ、篠原侑はラピスリライツ、高柳知葉はRe:ステージ、首藤志奈はアイドリープライドに出演していて、どの声優も1つから2つのアイドル系コンテンツに出演していることになり、誰かに偏ることがなく、バランスがいい。偶然ということは当然考えられるが、ひょっとすると意識的に事務所戦略として声優の仕事を振り分けているのかもしれない

まとめ

ウマ娘声優は確かにアイマスとの兼任が多いが、デレマスに限って言えば突出して多いとも言えない。しかしながら、アイマス全体とラブライブを含めるとウマ娘の声優の半数が兼任している。事務所別に見てみると、アイムエンタープライズやプロ・フィットなどは効率的にアイドルコンテンツに声優を割り振っている可能性が示唆された。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイドルマスター ウマ娘プリティーダービー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こえのおと
タイトルとURLをコピーしました