【ネタ】『機動戦士ガンダム 水星の魔女』の声優を予想してみよう

ガンダムの新シリーズ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』のキャラクターやあらすじが発表された。今回のガンダムはテレビアニメシリーズ初の女性主人公となっている。

私は、このブログによく登場する友人のせいで、ガンダムは結構好きだ。ただ私はどっちかと言えば富野作品の方が好きで、ボロクソ叩かれた『Gのレコンギスタ』も楽しく見れちゃったほどで、むしろ人気だった『機動戦士ガンダム00』あたりはあんまり好きではない。なので、最近はガンダム自体観ることがほとんどなくなっていたのだが、今回は女性主人公ということで期待している。「魔女」というのも意味深長で、魔法騎士レイアースみたいな感じにはならないとは思っているが、新しいガンダムを見せてくれそうだ。

さて『水星の魔女』でとりあえず気になるのは声優陣だ。現在、主要キャラクターは発表されたものの声優陣は発表されていない。そこで今回はキャストを予想してみようと思う。ただ闇雲にやっても当たるわけがない。しかし『水星の魔女』ではすでに音響監督が発表されている。明田川仁である。

このブログでは過去に明田川仁が音響監督になったときの女性声優の偏りを調べたことがあった。そのデータを活用して、声優を予想できないかとずっと考えていたので、これがいいチャンスだと思ってやってみようと思った。現在発表されているのは5人の主要キャラクターなので、その声優を予想する。

女性声優101人の明田川率を調査 明田川ファミリーは本当に存在するのか?
声優のキャスティングは基本的には音響監督が行う。その音響監督の中で絶大な力を持っているとファンの間で噂される人物がいる。明田川仁である。明田川仁の父親は同じく音響監督の明田川進で、その威光を受け継いだのかどうか知らないが、確かに多くのアニメ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『水星の魔女』のキャスト予想

まず、明田川仁は過去にガンダムシリーズ2作で音響監督を担当している。『鉄血のオルフェンズ』と『ガンダムビルドダイバーズ』である。これらの主要キャストを調べてみると、複数人の声優かぶりがいることが分かる。(カッコ内は『鉄血』/『ダイバーズ』での役名)

藤原夏海(マクギリス(幼年時)/ヒダカ・ユキオ)
速水奨(イズナリオ・ファリド/ロンメル)
東内マリ子(オルガ・イツカ(幼少期)/ローズ)
熊谷健太郎(アストン・アルトランド/オボロ)
大地葉(ヒルメ/シュウ)
逢坂良太(ハッシュ・ミディ/シャフリヤール)
村田太志(ノルバ・シノ/マギー)
手塚ヒロミチ(ガット・ゼオ/ランディ)
乃村健次(オルクス/ロータス卿)

この中にはガンダムシリーズに複数出演している声優も含まれていて、明田川作品というわけでなくガンダムシリーズには欠かせない声優もいる。なので、ここに挙げた声優は『水星の魔女』でも何らかの役で出演する可能性が高いと推測できる。

主要キャラクターは全員が学生ということなので、そのキャストも基本的に若い声優で揃えてくると思う。そして、今のガンダムシリーズは女性ファンを取り入れることが成功には必須であるからして、主要キャストの男性3人には、特に女性に人気のある声優を起用するのではないかと考えられる。この中では、熊谷健太郎と逢坂良太が挙げられるだろうか。


登場キャラの中でグエル・ジェタークは「荒々しい気性で、熱くなりやすい。ジェターク寮のエースパイロットとして、その腕に絶対の自信を持っている。」とあるので、これは逢坂良太が合っているのではないかだろうか。


シャディク・ゼネリは、この中で選ぶなら熊谷健太郎が良いんじゃなかろうか。色気のある声だし、キャラクターの見た目にも合っているのでは。


男性キャラで残ったのは、エラン・ケレス。中性的な感じで藤原夏海でもいいのではと思ったのだけど、熊谷健太郎を選んだので天崎滉平が良いんじゃないかと思う。中性的な声で、天崎滉平は「鉄血』ではタカキ・ウノ役で出演しているし、明田川作品に出ることも多い。バンナムのSideMの繋がりもあって丸く収まる。

次に女性キャラ。ガンダムの今までの傾向からすると過去にシリーズ作品でメイン級キャストを演じて、その後別シリーズで主演を演じることになった声優はいない(つまり藤原夏海はないのではないかと思う)ので、新たに選ぶ。『鉄血』の主演の河西健吾と『ビルドダイバーズ』の主演の小林裕介はどちらも声優デビュー後6,7年後なので、それくらいのキャリアの声優が選ばれやすく、かつ一応ガンダムはブランドがあるのでアイドル売りをしていない声優が選ばれるのではないか。


ということで、市ノ瀬加那を推す。明田川作品の出演数が多いし、デビューからはちょうど7年。声優アワード新人賞を取っていて実力は業界に認められている。主役のスレッタ・マーキュリーは内向的な性格ということだが、ガンダムシリーズのよくあるパターンとして、少年が大人に成長するというのがある。内向的な性格からの成長というのは『Fairy Gone』のマーリヤ・ノエルや『キャロル&チューズデイ』のチューズデイとも被るところがある。


最後に、ミオリネ・レンブラン。才色兼備で気の強い感じの女の子。『鉄血』と『ビルドダイバーズ』両方に出演している大地葉がぴったりではないかと思う。優等生っぽいキャラや、気の強さも感じられるキャラを多く演じているイメージがある(『恋愛ラボ』水嶋沙依理や『かげきしょうじょ!』草摩燈路など)。ガンダムシリーズには多く起用されていて、『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』の1人用ゲーム『Code Fairy』にも出演している。

まとめ

どうだろうか。まあ当たるわけがないので、ネタとして楽しんでください。発表されたら、本当のキャストをここに追記しておきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
声優ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こえのおと
タイトルとURLをコピーしました