花守ゆみり「アイドル声優になりたくない」発言について思うこと

花守ゆみりさんが「アイドル声優にはなりたくない」と発言したことが話題になっている。発言に対してのネットの反応は本当に賛否両論という感じだが、先日に花守ゆみりさんが『Re:ステージ』を降板したということもあって、批判的な意見が比較的多い。私も少し意見を書きたいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

花守ゆみりの発言の要旨

発言は「声優バイブル2020」というムック誌に掲載されたインタビューが元になっている。インタビュアーは吉田尚紀氏。様々なまとめサイトに要約されてるものが既にいくつも載せられているが、要約と実際の記事は印象が違うかもしれないので、買ってきて読んでみた。著作権の問題で全部は転載できないが、一部を引用したいと思う。

いま最も話題になっているのは次の部分である。

そう、イベント大嫌い!(笑)恥ずかしいので。古い考えかもしれませんけど、なんで声を演じている人を見るんだろうって、アイドルみたいなことを自分がやるのが、受け入れられないんです。

「アイドルにはなりたくない」。簡単に言えばそういうことですね。声優としてどうあるのかというのは本当に広いから人それぞれだと思うんですけど、アイドルをするのが普通で歌って踊って、というのは無理になっちゃったんです。

これだけ見ると、ただのわがままのような印象を受けてしまう人もいるかもしれないが、花守さんが「アイドルになりたくない」という考えに至ったのには理由がある。

だって素の自分が出ちゃうから。声優じゃなく、キャラクターを届けたいのに。歌ったり踊ったりするのもキャラ準拠。なのに、キャラクターじゃなく声優がかわいいという見られ方をするのが、多分嫌だったんですね。

花守ゆみりさんの理想の声優像は、声優はキャラクターのあくまで添え物であって、声優はキャラクターを凌駕してはいけないし、キャラクターを形成する一部に留まるべきだというのが分かる。とても古典的(否定的な意味ではない)な声優像だと思う。

私たち声優が前に出て、(中略)キャラ準拠で歌ったり踊ったりしますけど、それがどうしても自分の中で受け入れられないんです。その子(キャラクター)を背負って人前に出るというのは、その子の何かを変えてしまう気がして。

私自身がキャラの服を着てその子の歌を歌うのは、だんだん受け入れられなくなってきたんです。

注意すべきなのは、アイドルを演じる自分が嫌なのではなく、アイドルを演じることによってキャラクターを破壊するのが嫌だということである。この部分で、雨宮天さんの「アイドル声優に見られたくない」発言とは違う。

雨宮天さん「アイドルと言われるのがすごい嫌だった」の発言について思うこと
TrySailの麻倉ももさん、雨宮天さん、夏川椎菜さんの3人が週替わりでソロの冠番組を担当する文化放送のラジオ番組『MOMO・SORA・SHIINA Talking Box』において『雨宮天のRadio 青天井』の2018年11月25日放送...

雨宮天さんのは理想を押し付けられるのが嫌だというところに立脚している。したがって、彼女がいくらCDを出そうが写真集を出そうが、それは彼女の理想を追い続けているのであって、発言が矛盾しているとはならない。

閑話休題。また、次のエピソードも広く拡散されている。

それで1回、学校から仕事先へ向かうために駅で着替えていたときに、自分は覚えていないんですけど、泣いちゃってトイレから出てこなくなったという話を、最近母から聞いて。

ごく一部のネットの意見には、オタクが気持ち悪いことを公言したのと同義だという意見や、アイドル声優が嫌なら辞めろという意見もある。ただ、彼女がこの状態に至ったのは、アイドルそのものが嫌だったからではなくて、そもそも人前に出るのが怖かったからだ。

目の前に人がいるのが怖くて。(業界に)入ってから、人にどこかで見られている仕事だということに気づいて、「なんでここにいるんだろう」って。若かったから、声の仕事より、顔出しの仕事の方が多かったんですよね。

彼女は元々声優志望というわけでなく、友人に誘われてオーディションを受けたので、声優という仕事を知らなかったともインタビューでは語られている。元々人前が苦手だったので、声優ならと受験したが、自分の声優のイメージと異なっていたので、辛かったと言っているだけに過ぎない。それは既に克服したとも語っている。

まとめると、苦手な人前に出ることを克服したら、次は彼女の理想の声優像が見えてきた。それは、声優がキャラクターを凌駕しうるアイドル声優ではなくて、キャラクターの一部を形成するだけの古典的声優だった。というのがインタビューの内容である。

アイドル声優としての彼女を好きだった人に、これからもファンで居続けなければファンじゃないとか言うつもりは全くない。だけど、実際やってみて理想やイメージとの違いに気づくことは往々にしてあるのに、アイドル声優が嫌なら最初から声優になるなとか、今まで散々顔出ししてきたくせに、と批判するのは少し違うのではないかと私は思う。

『Re:ステージ』の降板に関しては、膝の怪我ということなので、彼女がアイドル声優が嫌だから途中で放棄したというわけではない。とはいえ、インタビューには、子供の頃バレエをやっていて膝を怪我して辞めざるを得なくなったとき、バレエで人前に出るのが苦痛だったので、正直ホッとしたと書かれているため、内心は『Re:ステージ』を続けなくてよくなって、ホッとしたとも思っているかもしれない。私の想像だが。

発言に対する反響

「アイドルにはなりたくない」という言葉が強すぎるので、花守ゆみりさんの発言に批判的な人は多い。一方で、花守さんの意見に賛同して、むしろ顔を出す声優がおかしいとか、アイドル声優を求めるファンもおかしいという人もいる。しかし、これは一方が正しくて、一方が間違っているという問題ではない

私が好きな声優は、一般的にはアイドル声優と呼ばれる人たちだし、正直言えば、気になる声優を探すときは声だけでなく顔でも判断してしまう。声優に必要以上の演技力なんか必要なのかとすら思うこともあるし、声優のアーティスト活動や写真集も賛成である。だけど、花守ゆみりさんのような声優がいることは否定しないし、むしろ歓迎したい。

いま声優になりたいと思う人はいろんな人がいる。キャラクターを形成するお手伝いをしたいという人もいれば、歌って踊ってチヤホヤされたいという人もいる。ファンだって、声優の巧みな演技を見たいと思う人もいれば、声優とキャラを同一視して、歌って踊っているのを見たい人もいる。特に声優業界は後者を取り込んで大きくなってきた現状があるので、どうしてもそっち方面にシフトしてしまうのは仕方ない。だからこそ、アイドル声優にはなりたくないと発言する花守ゆみりさんのような声優は貴重だと思う。

あるべき声優像は、普遍的なものはなにもなく、声優やファンの個人それぞれの中にしかない色んなタイプの声優がいるから、声優業界は楽しい。声優はこうあるべきと排他的になるのではなく、どちらのタイプの声優も共存できて、お互いが尊重、刺激しあえるような環境になれれば、最善だろう。彼女もはじめの頃は軍手をしてまでハイタッチ会に参加したと言うが、人前が苦手ならハイタッチ会に出ないという選択ができるように、業界も変わらないといけない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
花守ゆみり
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こえのおと

コメント

  1. 大麒麟 より:

    その話題は、この記事を偶然見かけて初めて知ったんだが、凄い共感したわ。
    私もキャラのイメージが壊れるのが嫌で、声優の顔出しとか、徹底的にさけてます。勿論BDの声優出演の特典映像も、一切見てません。

    • 名無し より:

      あぁ。雨宮天はやっぱり賢かったんだなと思いました。

    • 櫻井桃華橘ありす赤城みりあ佐々木千枝ら二次元信仰p より:

      キャラのイメージ壊したくないよね。
      わかる

      歌ったり踊ったりするのもキャラ準拠。なのに、キャラクターじゃなく声優がかわいいという見られ方をするのが、嫌 とかさ、完璧な正論だよ。なんでキャラじゃなく声だしてるやつをアイドル視するのか理解不能。

    • 二次元信仰 より:

      二次元のイメージ壊されるのは最悪だよね

  2. ハギワラコウイチ より:

    初めてお便りさせて頂きます。

    確かに最近の声優業界そのものが「アイドル化」して来ている事の要因として挙げられている一つに「(ファンからの)推し」を強く意識した配役中心の企画や製作がまかり通っている空気の蔓延もいくらか影響しているのではなかろうか。

    特に顕著に現れているモノとして、キャス面に於いて過去の(作品の要でもある)主人公(及びそれに準ずる主要な脇役)キャラの経験数が多い声優ほど「推し」の確率が高い状況を踏まえれば、その問題は我々ファンの側のみならず(声優を擁する)プロダクションや(主に音監を始めとするディレクターサイド等の)製作関係者もそろそろ本気で猛省しなければならぬ時期に来てるのかなと。

    しかし皮肉にもそういう状況を鑑みると「売れっ子中心」のキャスで企画製作しているとはいえ実際に「売れる作品」がどれだけ出てるかとなると、大概は「(現在の状況を見る限り)焼け石に水」程度の売上げレベルでしかないのも事実。(そうなるとたとえ当の声優が「アイドル化」しても直接的に意味は成さない訳だし)

    まあ結局は、我々ファン側が「推し」中心のキャスにならざるを得ない空気を作り出してる事にある程度目配せしない限り、これからもそういった不条理な企画や製作が続く中で声優自体もアイドル化し続けるのは無理もない話だろう。

  3. 名無し より:

    花守さんのように古典的な声優を目指すのも、バリバリのアイドル声優をめざすのもどちらが正解ということはないと思います。
    人の数だけ生き方があるのです。

  4. ひい より:

    最近の声優さんは本当に大変ですよね。
    ステージに立って本業とは違うダンスしながら歌ったりするんだもの。
    特に最近はそういうの多い気がする。
    もちろんそれを否定はしないです。
    声優としての演技力はあるけど、容姿や歌が駄目だと使われない…ということにだけはなってほしくないなぁ。

  5. としあき より:

    アイドル声優が嫌というのも成長の過程じゃないですかね
    若いですしまた考え方が変わるかも

  6. 通りすがりのアイマスP より:

    花守さんが主張した論自体は特に問題ないし
    そういう姿勢の声優がいてもいいし、頑張ってほしいと思う部分もある
    でも、だったら何故歌って踊る事が想定されるアイマスのオーディション受けたの?という疑問はどうしても拭い去れない
    凸凹スピードスターのCD発売で生放送で彼女だけ録画出演だったのも
    今となっては色々察してしまう
    あの曲の相方は熱心なアイマスPでもある三宅麻理恵さんだからね

  7. 通りすがり より:

    雑誌は拝見してなくこの記事や膝の件での自分の勝手な憶測なのですが
    昔の石田彰さんのキャラソンに対する考えと似た感じで、アイドル役として人前に出て自分の歌って踊るパフォーマンスは本来のキャラクターと程遠く感じてしまうので見せるに値しないと考えてしまったのではないのかなと感じました
    アイマスのライブは挙手方式なので降板はないと思いますが
    スランプに近い状態なんじゃないかと思いました

  8. 二次元信仰p より:

    あれコメが?

  9. 二次元信仰p より:

    キャラと似ても似つかないババアの、ビジュアルの声優が
    アイドルキャラになりきって歌って踊ってるのなんてまともな人間、感性してたらおかしいっておもいますよ。
    二次元派からすれば迷惑です。

  10. 二次元信仰p より:

    何でキャラじゃなく声優を見たがるんだろうってのは同意
    声優がキャラの服着て歌っての見て何が楽しいのかね?
    そういう人はドルオタにでもなればいいんじゃね
    キャラ好きからしたらイメージ壊れるから声優が出てくるのは好まない。とくにロリペドはね。
    どれみファクトリーはゲームの中だけにしてね。
    声優なんか誰も興味ないんで。
    三次元は敵。

  11. 二次元信仰p より:

    発言の元のインタビューっての見たけど、まともな考えやな
    なんで声優自身がキャラを演じるだけにとどまらずに、そのものになりきってアイドルみたいな活動までするのかおかしいってことやろ
    まあその通りだと思う

    誰々の声やってるんですー 告知するのはいいとおもう
    ここまでだわ、いいのは
    コスプレしてなりきって歌って踊るとか、ありえない!二次元に対する侮辱ととるかな。声優なんかしらない
    声優ライブとやらをみたうえでの意見
    めちゃくちゃ気持ち悪かったよ。

  12. 二次元信仰 より:

    声優はキャラクターのあくまで添え物であって、声優はキャラクターを凌駕してはいけないし、キャラクターを形成する一部に留まるべきって完全な正論じゃないですか。三次元が二次元を凌駕なんてあるはずがない、醜いだけだ。
    なんでこんな正論言ってるひとをアイドル声優ヲタは叩くの。声豚害悪だから消えてほしい

    • 二次元信仰 より:

      さっきおもいだしたけど
      むかーし、少数派だけど原理主義者ってのがいたとおもうんだけどな。アイドルマスターとかアニメとかで。
      キャラが好きだが声優興味なしっていう。ニコニコ動画で昔いたとおもうんだが。声優とかどうでもいい派。
      俺はそれなのかなとおもう。
      二次元原理主義者?ってやつかな。
      リアルアイドルヲタみたいなのが流れ込んできてるけど、この考えを変える気はないです。

      • 通りすがりの より:

        キモヲタなんて気持ち悪い存在なんだから、嫌がられても仕方ないよ。
        鏡みなよ。
        アニメアイドルの子は好意的だけど、リアル人間の声優は歌って踊ってハイタッチとか嫌がっても仕方ない。

        • 通りすがり より:

          少なくともこの人に変なあだ名つけてる自称ファンは嫌われても仕方ないと思いますね

  13. 二次元信仰 より:

    古典的じゃないだろ管理人 当たり前のことだろが

  14. 通りすがり より:

    良い知見を得られました。このような記事を書いてくださりありがとうございます。

    アイドル声優がキャラクターを演じることについては、「そういう形の活動の仕方もある」くらいの認識で、否定はしないが、それが当然とされるのは抵抗感があります。どちらが劣っているとも思いません。

    しゅがはさんは好きなキャラクターなので、今回の件は複雑な気持ちになりましたが、ご本人が納得できる形で、無理のないように活動できることが一番だと思います。

  15. ゲーム動画で行こう より:

    こうなるんだったら、なんでポニキャンのオーディション受けたの、という気が拭えない。卓球娘も汚されたような気がして、残念でならないと思ったのは分かって欲しい。
    本渡楓とか黒沢ともよみたいに、うまく折り合いをつけている人もいるので、本人も事務所も下手を打ったと思う。
    一方で22歳で膝をやるまでに追い込まれたのは、今はたくさん声優がいるので、こういうケースも確率上あるとはいえ、活動には「体が資本」と考えると、何とかソフトランディングで止められなかったのか。

タイトルとURLをコピーしました