2000年以降の声優業界の事件・炎上・騒動の歴史を振り返る

声優の炎上騒動が後をたたない。大きな炎上騒動があると、過去の炎上が再び掘り起こされたりする。確かに、炎上騒動には関連性の深いものが多く存在する。それぞれの騒動に対しては、このブログも含めて様々なまとめサイトが内容をまとめているが、すべてを体系的にまとめたものはあまりないような気がする。

そこで、2000年以降にネットを騒がせた声優の炎上・騒動・被害をまとめておくことにした。小さい炎上まで書いているとキリがないので、私の独断で特にネット上で騒動が大きかったと思われるものを選んだ。ピックアップの基準としては、炎上によって声優の降板を伴うものであったり、声優や事務所が謝罪することになったり、警察の介入があったものを選んでいる。見出しタイトルについては、事件は警察の介入があったもの、騒動はネット上で話題になったものというふうに使い分けた。

一般的な交際発覚や結婚報告などは載せていないが、それが発覚したシチュエーションが特殊だったり、余波が大きかったものは載せている。なお、声優自身に非があるものも非がないものも同列にされているので悪しからず。思い出せる範囲で思い出したのだが、多分抜けはたくさんあると思う。特に2000年から2003年までについてはまったく思い出せなかったので抜けている。また、書く前に一応調べ直したけれども、誤りなどがあれば、お知らせください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

うさだひかるAV流出

2004年8月。81プロデュース所属だった石原絵理子が、うさだひかるという名前でAVに出演していたと東スポが報じた。当初は事務所が否定していたが、このあと各社週刊誌の報道が相次ぎ、結果として事務所はAV出演を認め、公序良俗に反する行為を行ったとして、契約解除された。81プロデュースは石原絵理子に多額の賠償金などを請求したとされている。(関連:みくちゃんAV流出

劇場版Zガンダム声優交代問題

2005年に公開された劇場版Zガンダムだが、TVアニメ版と声優が変更されていることが大きな話題となった。特に注目されたのは、フォウ・ムラサメ役の島津冴子で、劇場版ではゆかなに変更されている。騒動を受けて、島津冴子は声明を発表。そこには、自分がオーディションを受ける機会がなかったこと、さらに富野由悠季監督が音響監督に騙されたと話したなどということなどが書かれており、さらなる大騒動に発展。ネット上では枕営業なのかと憶測が飛び交うことになった。現在でも声優交代のはっきりとした理由は分かっていない。

劇場版Zガンダム声優問題とは (ゲキジョウバンゼータガンダムセイユウモンダイとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
劇場版Zガンダム声優問題とは、1985年放送のテレビアニメ「機動戦士Zガンダム」の新訳劇場版として2005年から2006年にかけて公開された、劇場用三部作「機動戦士Ζガンダム A New...

アーツビジョン枕営業事件

2007年4月に声優事務所アーツビジョンの代表取締役であった松田咲實が、オーディション受講者の16歳の女性に、オーディション合格と交換条件にわいせつな行為を行った容疑で逮捕された(不起訴処分)。これは、声優業界の枕営業の証拠だとして受け止められることになった。このときに、アーツビジョン所属だった堀江由衣が「報道されているようなことは一切御座いません」と発言し、さらに話題となったが、これが、後述の小西寛子『おじゃる丸』枕営業暴露で再燃することになる。

小清水亜美いいとも出演

2008年4月。ぷろだくしょんバオバブ所属の若手声優だった小清水亜美が『笑っていいとも!』の声優特集に出演することになった。しかしながら、共演のメンバーが野沢雅子や草尾毅などの超のつくベテラン声優だった上に、司会の中居正広や久本雅美が、アイドル声優などと囃し立てたため、小清水亜美が完全に萎縮してしまった。このオファーを受けた事務所や企画した番組に対して「絶対に許さない」というワードが一時流行したが、経緯を知らない人が小清水亜美が許されない行為をしたのだと誤解することも多く、2012年9月に、小清水亜美自身が不快だとブログに書くに至った。

宮野真守授かり婚炎上

2008年12月。人気若手声優だった宮野真守が一般女性と結婚、そして子供を授かっていることを公表した。これに当時のガチ恋勢がショックを受けて、宮野真守やその妻や子供に対する誹謗中傷行為をネット上で繰り広げる炎上騒動となった。「完全にキレた 事務所に抗議してくる 今の私は阿修羅も凌駕する存在だ」をトップバッターとするファンの発言の打線は現在も人気声優が交際発覚すると頻繁に貼られるコピペになっている。この1件から、男性声優は結婚を隠すことが多くなった。(関連:岡本信彦不倫報道)

植田佳奈痴漢でっち上げ未遂発言

2008年12月。植田佳奈が電車でマナーを注意してきた男性に対して「このオヤジを社会的に抹殺とか、とにかく辱めて、あいつが悪い方にさせるにはどうしたらいいか考えた」と発言し、痴漢冤罪を起こそうと考えたことをラジオ番組内で発言した。痴漢冤罪が問題になっていた頃であり、炎上。植田佳奈は同ラジオ番組で、泥酔したおじさんから暴言や卑猥な単語などを罵られたため、と釈明。謝罪することとなった。

平野綾グータンヌーボ騒動

2010年8月。人気絶頂にあった平野綾が『グータンヌーボ』に出演。そこで彼女が赤裸々に過去の恋愛遍歴を披露したことから大炎上。その後、2011年には週刊誌ブブカにバンドメンバーとのニャンニャン写真をスクープされ、アイドル声優としての活動は実質的に終了を迎えた。グータンヌーボ出演のあとに彼女がツイートした「せっかくみんなとのライフラインができたのに。」という文章は話題となり、平野綾のファンは現在に至るまでライフライナーと呼ばれている。

ぷろだくしょんバオバブ大量退所

2011年。大手事務所だったぷろだくしょんバオバブから福山潤後藤邑子などの有名声優が相次いで退所し、アクセルワンへの移籍が相次いだ。この分裂騒動の背景には、(ネット上の噂にとどまるため名前は出さないが)声優Aの夫と声優Bが不倫しており、AがBに激昂し、夫と離婚。声優Bと夫はバオバブから移籍したが、夫は移籍先で声優Cと昵懇になり、新事務所を設立。この新事務所とバオバブが提携するという話になり、それに反発した声優が退所した。という噂がある。あくまで噂なので真実は分からない。

週刊ミューレ事件

2011年10月。ミュージックレインの1ファンが同事務所所属の声優につきまとい、豊崎愛生とTom-H@ckが同棲していること、そして戸松遥入野自由がデートしていることなどを突き止め、ブログに掲載した事件。ファンのストーカー行為によって、交際が発覚するという前代未聞の事件であった。ミュージックレインは、法的措置を検討。その後「スフィア恋愛自由宣言」を出すことになった。

イジメコネクト騒動

2012年6月。アニメ『ココロコネクト』の偽オーディションを声優の市来光弘に対して行い、実際は宣伝部長に任命されるというドッキリ企画があった。その後、eufoniusの菊地創の発言がキッカケとなり、彼が音楽を担当している『ココロコネクト』が注目され、上記騒動が明るみになった。声優に対するイジメやパワハラがあったのではないかとされ、アニメタイトルを皮肉って「イジメコネクト」と揶揄されるようになった。菊地創の発言に関しては、喜多村英梨Twitter嫌がらせ被害を参照のこと。

松岡禎丞かんけーし発言

2012年8月。新人声優だった松岡禎丞が、事務所からゴリ押しされているなどと言われていた頃に、ブログにアップした衝撃的な文章が話題になった。その中でも「俺をごり押しして、何のメリットがあんだよ?答えてみろよ!?あぁ!_?むしろ、誰をごり押ししても『売りあげにかんけーし』」という文章が注目され、ブチ切れの中にタイプミスがあることの面白味もあって、「かんけーし事件」と話題になった。当時は松岡はこれで終わりだという意見もあったが、現在は売れっ子男性声優の1人になっている。

喜多村英梨Twitter嫌がらせ被害

2012年9月。喜多村英梨がTwitterで外国人ユーザーに卑猥な画像を送りつけられるという被害があり、喜多村英梨はTwitterを閉鎖する事態となった。原因は、桃井はるこが、夢を語ったツイートに対して、菊地創が「しょうもない」とツイートしたことで炎上し、桃井はるこのファンである外国人が、菊地創が関わっているアニメに出演していた喜多村英梨を標的にしたためである。喜多村英梨は全くの無関係で、完全なる巻き添えを食らう形となった。

加藤英美里・小野坂昌也ルッコラ騒動

2014年5月。ファンが加藤英美里小野坂昌也のSNSを見比べて、料理の皿やテーブルの木目などが一致していることを発見し、同棲疑惑が持ち上がった。声優の匂わせから交際疑惑が持ち上がるのは以前からもあった(中村悠一・井上麻里奈など)が、その中でもルッコラの葉脈が一致していることが発見され、ファンの熱心さとルッコラの葉まで調べる狂気さが話題となった。声優業界で、女性声優と男性声優の写真の一致を見出されることを、これを元ネタにして「葉脈が一致」と言うことがある。(例:小倉唯・内田雄馬同棲疑惑(デマ))。

雨宮天・谷山紀章スッキリ騒動

2014年11月のテレビ番組『zip!』で、谷山紀章らしき人物が深夜にスポーツバーにいるところが映った。谷山紀章は女性と一緒にいたのだが、それが雨宮天ではないかと噂された。それだけなら大したことはなかったのだが、その後、谷山紀章がTwitterに「雨宮天 スッキリ」とツイートして即消ししたことで騒動が再燃。「雨宮天でスッキリした」などと揶揄されることになった。なお、これは映っていたのが『zip!』にもかかわらず『スッキリ!』だと勘違いしたことに加え、検索欄とツイート欄を打ち間違えたことによるダブルの不運なミスだと考えられる。

山崎はるかコンビニ店員恫喝疑惑

2014年12月。山崎はるかがコンビニで温かいものと冷たいものを同じ袋に何度も入れられたことに激昂。その店員に「分けて入れてくださいと言いましたよね。分けないなら聞かないでください。あなたの名前○○さんですね、覚えておきます」と言ったとツイートして、これが恫喝行為ではないかと炎上した。山崎はるかはその後ツイートを削除し、謝罪している。

テイルズんほー問題

2015年に発売された『テイルズオブゼスティリア』は、初期のころにアリーシャがヒロインであるかのように発表がされていたが、蓋を開けてみるとアリーシャはスポット参戦に留まり、ストーリーの大部分でパーティーから離脱。ロゼというキャラクターが本当のヒロインであることが判明した。ストーリー的にも矛盾が多い展開のため、プロデューサーが特定の声優(この場合は小松未可子)を贔屓したのではないかと噂されることになった(馬場プロデューサーは否定)。このときに話題になったコピペから、特定の声優に肩入れすることを「んほる」と呼ぶことがある。

テイルズオブゼスティリア炎上騒動とは (テイルズオブゼスティリアエンジョウソウドウとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
テイルズオブゼスティリア炎上騒動とは、2015年1月22日に発売されたRPG『テイルズオブゼスティリア』の内容や事前の宣伝方法、プロデューサーの発言を発端とした炎上事件である。...

高部あい逮捕

2015年10月。高部あいがコカインや向精神薬を所持していたとして麻薬及び向精神薬取締法違反の疑いで逮捕された(起訴猶予処分)。高部あいは『キルミーベイベー』のあぎり役を演じていたことがあり、『キルミー』というネタ的要素の大きいアニメの象徴的な出来事として、大きな話題となった。他には『青い花』万城目ふみ役なども演じている。また、声優活動をしていた人物が同容疑で逮捕されたケースには他に、小向美奈子(『ホイッスル!』風祭将役)などがある。『ホイッスル!』は2016年に声優が変更され、リメイクされた。

江口拓也リベンジポルノ被害

2015年11月。江口拓也が、卑猥な写真などをネットにばらまかれるリベンジポルノの被害にあった。男性に対するリベンジポルノは声優業界で初めて(2015年1月に浅沼晋太郎が被害にあっているが猥褻画像ではない)のことだった。本人や事務所はこれを否定している。なお、2000年以前には、声優業界の大きなリベンジポルノの被害として宮村優子の写真が週刊誌に売られたというものがある(1998年)。

みくちゃんAV流出

2016年4月。アサヒ芸能が紅白歌手がAVに出演していたとスクープした。これがラブライブで一躍時の人となっていた新田恵海に酷似していたため、大きな騒動になった。本人および事務所は別人ということで、疑惑を否定しており、うさだひかるのケースとは異なり契約解除にもなっていない。2021年10月現在も声優活動を続けており、逆にメンタルに見習うべきところがあるということで再評価をされている。

外崎友亮セクハラ発言

2017年11月。『A&Gオールスター2017』において、新人声優だった外崎友亮が日高里菜に対して「好きです。僕が売れたら一発ヤらせてください。」と発言した。外崎友亮は公開セクハラについて、Twitterで謝罪。後日、同じく登壇者だった関智一がラジオ番組内で、発言は自分の指示だったと発言し、謝罪した。これに関しては、関智一ならセクハラ発言が多いので実際に指示したのだろうという見方と、新人声優を庇ったのではないかという見方がある。

村川梨衣『ISLAND』降板騒動

2018年1月。村川梨衣がアニメ『ISLAND』から降板することが公表された。アニメ放送前の突然の発表であり、ゲーム版には普通に声優として声を当てていたこと、そして降板理由も不明であったことから、ネット上で様々な憶測を呼んだ。さらには、アニメ『ハッピーシュガーライフ』のキャスト予定からも名前が消されていることが判明した。現在は降板理由については、アニメプロデューサーとの確執ではないかという説がある。

伊達朱里紗イベント乱入騒動

2018年2月。伊達朱里紗が自身の出演するアニメ『プリパラ』のお渡し会イベントに客として参加し、客席から声を上げ壇上に登ろうとするのを関係者に止められるという一幕があった。このイベントは男性声優3人のイベントであり、そのファンの女性がたくさん詰めかけていたのだが、伊達朱里紗の行動がイベントの妨害や声優との親密さアピールとして捉えられ、大炎上する騒ぎになった。4月に彼女が所属する81プロデュースが釈明、謝罪をするに至った。余談だが、このブログではない当時やっていたブログで伊達朱里紗をちょっと擁護するようなことを書いたら、私のブログまで炎上した。

高田憂希トイレ事件

2018年5月。徳島市で開催されたマチアソビに参加した高田憂希が、ファンにストーキングされ、彼女の使用後のトイレの便器を触り「高田憂希さんのお尻を触っている気分になってる」とTwitterに投稿される被害に遭った。これに対して、県は参加者に節度ある行動を要求し、ツイート投稿者の特定を警察に依頼する事態となった。高田憂希は事件を受けて「とても辛い気持ちになったのは事実ですが、そこは高田なので、やる気元気ゆうきでやってます!」とコメントし、その健気さに好感を持つ人が多数出た。ただ、被害女性が我慢するような状況は良くはない。

小西寛子『おじゃる丸』枕営業暴露

2018年6月。『おじゃる丸』の初代声優の小西寛子が、おじゃる丸の降板理由についてNHKから干されたのが理由だとTwitterで語った。それだけにとどまらず、過去には大地丙太郎監督監督や原マネージャーらに一緒に混浴に入るように強要されたというセクハラ被害を訴えた。その原マネージャーは堀江由衣と仲が良かったともツイートされ、過去のアーツビジョン枕営業事件が再燃することとなった。

小西寛子のおじゃる丸の降板理由で再燃するNHKの闇と声優業界の枕営業疑惑
声優の小西寛子さんがおじゃる丸を降板になった理由を明かした。 ①収録と言われおじゃる丸の声を録ったが本編用ではなく「おじゃる丸人形とか音声商品の声に流用して販売」していた。私も知らされていなかったので「これはなんですか?」と事務所を通...

Jack Westwood魔除け発言

2018年8月。武内駿輔が突如としてJack Westwoodを名乗り始める。これがすでに結構話題になっていたのだが、そのTwitterでファンからの質問を募集していた際、左手薬指の指輪について質問され、「反骨心と心に決めた女の子がいますよっていう魔除けとしての意味合いもあります」と回答。この魔物がガチ恋勢のことを指しているとされ、炎上した。ただ炎上とは言っても、ファンが魔物呼ばわりされたことに対して、ファンでない人が面白がったというのが、ネットを賑わせた理由だと思う。

南早紀3連続炎上

2018年12月。『南早紀と下野紘のアゲアゲチ金FRIDAY!』という番組の公開収録で、南早紀のイベントの態度に不満を抱いた下野紘のファンが、南早紀が唐揚げ好きを公言しているのは下野紘と仲良くなるためだと難癖をつけて、彼女のTwitterを一時休止に追い込んだ。ただ、彼女のお騒がせはこれだけに収まらず、2018年12月。クリスマスにミュージカルに行くことをツイートしたのだが、そのチケットの写真が2人分だったことから、彼氏がいるのではと疑惑が持ち上がった。さらに2019年1月。『天津向のためになるラジオ』で、ローションに戸惑う本渡楓と洲崎綾を尻目に南早紀が「ローション温めますか?」と発言。ローションの使い方を知っているのではと炎上した。個々の炎上は他愛もないものだけど、1年という短期間に3回も炎上する声優は珍しいので記載した。

キズナアイ分裂騒動

2019年5月。VTuberのパイオニア的存在だったキズナアイが4人に増殖した。これはVTuberのアイデンティティーはどこにあるのかという議論を巻き起こした。増殖の目的としては諸説あるものの、一般的には中国進出を目論んだと考えられている。なお、分裂した4人はそれぞれ別な名前で活動した(2021年10月現在は一部活動休止中)。「キズナアイの声が変わったー」から始まるコピペが有名。声優業界とは少し毛色が異なるが、VTuberの象徴的な騒動として取り上げた。

内田真礼謎のツーショット写真流出

2019年8月。竹達彩奈と梶裕貴の結婚が発表されたあと、内田真礼と梶裕貴のツーショット写真がネットに流出した。二股だったのではと話題になったが、梶裕貴はこれを否定。また、続けて内田真礼と謎の中年男性がバスローブ姿で写真に写っているツーショット写真も流出した。こちらは枕営業ではないかと噂されたが、男性が誰かも特定できておらず、真実は不明。写真集の撮影時のプライベート写真ではないかという説もある。

ガイナックス枕営業事件

2019年12月。ガイナックスの社長である巻智博が、声優志望の10代の女性に対する準強制わいせつ容疑で逮捕された(のちに東京地裁で懲役2年6月の実刑判決が出ている)。ガイナックスは『エヴァンゲリオン』の制作会社として有名であるが、今のガイナックスは版権を持っておらず、庵野秀明が退社したのち、版権も同時に制作会社カラーに移っているので、無関係である。アーツビジョン枕営業事件とは、構図が類似している。

石川界人不適切発言でプロジェクト降板

2020年1月。石川界人がラジオ内の不適切発言で、「神酒ノ尊 -ミキノミコト-」プロジェクトを降板することになった。発端は2019年10月の『石川界人・中島ヨシキの10分ダベる?』内で、石川界人が「日本酒と聞くだけで拒否反応が出る」「日本酒はいらない」「女性は日本酒飲むと太る」などと発言したものであり、日本酒が好きな人というキャスティング条件に合致しないと考えられたため降板となった。一連の騒動は地上波のワイドショーでも報じられた。

岡本信彦既婚・不倫報道

2020年5月。週刊文春が岡本信彦がすでに既婚者であること、また別の女性と不倫関係にあることを報じられた。この既婚者の相手というのが、声優の大亀あすかだったということ、また結婚前に交際していたのもアイドル声優であったことで話題になった。週刊誌による不倫スクープは他にも浪川大輔(2017年)、駒田航(2021年)などがおり、既婚者であること(不倫ではない)を週刊誌にスクープされた声優は他にも、神谷浩史(2016年)、下野紘(2021年)などがいる。

茅原実里不倫報道

2020年6月。週刊文春が、茅原実里がヴァイオリニストの室屋光一郎と過去6年にわたり不倫交際していたことをスクープした。正直言って、ネット上ではあまり炎上という感じにはならなかったのだが、不倫の期間が長いことや、女性声優の不倫報道が珍しいこと、なぜかやたらとネットメディアが取り上げたことが記憶にあるので、一応残しておく。

ゆりしー暴露配信

2020年6月。ゆりしー(長谷優里奈、以前は落合祐里香)がSHOWROOMで過去の件について暴露配信を行った。ゆりしーの騒動は大なり小なり大量にある(ゆりしー貧乏オフ会、大勝利発言、パンプキンナイフ事件など)が、それを総括するものとして、暴露配信を載せておく。内容は多岐に渡っているので下記を参照してほしいが、声優の実名を挙げて、その印象などを暴露している。この配信はTwitterでトレンド1位を獲得した。

ゆりしーこと長谷優里奈がSHOW ROOM配信で語った暴露話のまとめと感想
15日の夜から未明にかけて声優のゆりしーこと長谷優里奈がSHOW ROOMで暴露配信を行った。アイマスメンバーに対する彼女の意見や、枕営業の有無などを赤裸々に語り、Twitterでトレンド1位になるなど話題になったので、内容をまとめておく。...

茅野愛衣靖国参拝発言

2021年2月。ラジオ『茅野愛衣のむすんでひらいて』において、茅野愛衣が靖国神社をCDのヒット祈願で参拝したと発言。また割と頻繁に靖国神社を訪れ、特に重要な仕事の前は参拝するようにしているとも発言した。これが中国の怒りを買い、茅野愛衣は認識不足を認め、謝罪することになったが、6月に中国開発のゲーム『アークナイツ』『崩壊学園』『アズールレーン』などから茅野愛衣が降板するという事態が相次いだ。その後、10月には日本版の『アークナイツ』のプラチナ役も降板することが決定した。

茅野愛衣の靖国参拝発言がきっかけの降板で顕在化するチャイナリスク
2021年の2月に、茅野愛衣さんが靖国神社を参拝したことを、自身のラジオ番組で語ったことが中国ファンの逆鱗に触れ、炎上騒動となり、結果的に事務所が謝罪するという騒動があった。 2月11日に公開いたしました「茅野愛衣のむすんでひらいて」第1...

高橋ミナミセクハラ被害

2021年6月。『アイドルマスターミリオンライブ』の全体統括プロデューサーなどを過去に担当していた保坂拓也のTwitterに「たかみな、全裸にして目隠しして腕吊り上げて、全身舐め回してあげたい」というツイートが流れ、即削除された。保坂拓也は乗っ取り被害であると釈明。「たかみな」だけでは高橋ミナミだと特定できないにもかかわらず、「所属事務所の俳協様へもご相談した上で原因の究明と対応を行う」と発言した。

鈴木達央不倫・自殺未遂騒動

2021年7月。鈴木達央が不倫をしていることが週刊文春によってスクープされた。妻のLiSAのツアー中に不倫相手を家に連れ込んでいたこと、また不倫相手に情報漏洩があったのではないかということが問題視された。鈴木達央はその後、体調不良を理由に一時休業することになったが、この体調不良が自殺未遂によるものだと報道され、再び騒ぎとなった。2021年10月現在、まだ声優業に復帰していない。

紫月杏朱彩オタ繋がり騒動

2021年9月。シャニマスの七草にちか役の紫月杏朱彩の知人を名乗る人物が、私怨から暴露アカウントを作成。出身校を特定できるような情報や、彼氏の存在を暴露した。この彼氏というのがトップオタを自称しており、彼氏が主催して誕生日の寄せ書きを企画したり、彼氏への情報の漏洩があったのではないかと疑惑が持ち上がった。紫月杏朱彩および俳協は、情報漏洩がなかったこと、アカウントには事実でないことが含まれると疑惑の一部を否定した。

成海瑠奈4凸9800円騒動

2021年10月。YouTuberのコレコレの配信により成海瑠奈の浮気が暴露された。配信によると、成海瑠奈が人気YouTuberの「もこう」と交際中に実業家と3年にわたって浮気していたというものだった。その後、この一般女性が作成した暴露アカウントに、浮気相手とのLINEの画像がアップされた。そこには生々しいやり取りや、一般人を見下すような発言が書かれており、LINEの衝撃的な内容(1日4回の行為とピルの価格)から、ソシャゲのガチャの限界突破に何十万円も投資するオタと比較して、4凸9800円と揶揄された。成海瑠奈は体調不良により休業。サンドリオンからは脱退している。

プロ・フィット突然の閉鎖

2021年11月。岡本信彦、悠木碧、石川界人、鬼頭明里、ファイルーズあいなどを擁する声優事務所プロ・フィットの閉鎖が突然発表された。所属声優の一部と養成所生は岡本信彦の設立する新プロダクションに移籍し、それ以外の声優は、閉鎖となる2022年3月までには事務所を斡旋する。閉鎖理由は明らかになっていない。

プロフィットの閉鎖理由と所属声優の移籍先を考えてみる
声優事務所プロフィットの閉鎖が突然発表された。所属声優の一部と養成所生は岡本信彦の設立する新プロダクションに移籍し、それ以外の声優は、閉鎖となる2022年3月までには事務所を斡旋するようだ。閉鎖理由と声優の移籍先を考えてみる。 ...

 
 
 
To be continued…

スポンサーリンク
スポンサーリンク
声優業界
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こえのおと
タイトルとURLをコピーしました